今週は、手づくり市に出かけよう

手作り市で売られているアクセサリーの平均的な値段とは

 

手作り市を開催して商品を販売するのであれば、自分の思うように
値段を設定するようにしなくてはなりません。


値段の設定は高くすることも低くすることも出来るようになりますので、
よく考えて決めるようにしましょう。しかし相場からかなりかけ離れたような
価格設定をしてしまうと、売ることは難しくなってしまいます。


自分が売りたいと思う値段と、買い手が求める値段は違うものです。
時間をかけて作った大切な作品だからこそ、正しい値段をつけて売りたいものですが
商売としてお店を出すのであれば、やはりそれだけでは売れないかもしれません。

 

値段設定
相場に合わせた金額を設定するためにも、どの位が平均なのかを
知るようにしておくといいでしょう。


一般的には、材料費の何倍という風に価格設定をしている人が多くなっています。
例えば、500円の材料費に3倍をして1500円といった風な設定をしている人もいるのです。


最低でも材料費の分のお金をもらわなければ儲けを出すことは出来ませんので、
どの位の材料費がかかったのかを計算してみるといいでしょう。

材料費


手作り市では高く料金設定をすれば儲けはたくさん出るように感じますが、
実際には売れなければ儲けは出ませんので、売れる金額設定をしておきましょう。


気になる商品があっても、「この値段だったら買うのに」と断念する経験が
誰しもあるかと思います。


そういったニーズも含めて、手作り市で自分の作品を発信していくと良いでしょう。